注文住宅や土地などのことを知り、上手に運用していく方法を探る

建設を専門家に依頼いい物件にめぐり合う

財産である土地

土地を貸すなら知っておきましょう

土地を貸し出す場合、注意しておきたいのが法定更新という制度です。借りる側が家などの建物を建てる場合、適用されるこの制度は、貸主にとってとても厄介なものになります。 何かを貸し借りする契約の存続期間が終わった場合、その契約を更新するかどうかという話になります。通常であれば、双方が合意すれば契約の更新となります。しかし、土地の貸し借りの場合、借主のみで更新するかどうかを決めることができます。これを法定更新と言います。 建物を建てる目的の借主に土地を貸し出した場合、基本的にはその土地は返ってこないと考えましょう。もちろん、権利金が入ったり、地代を受け取れたりはします。しかし、その土地を売却したいということになってもできないので、それは覚えておく必要があります。

土地には価値があるが

土地というのは、昔から価値がある財産であったのです。今でもそうですが、そうでもないところもあります。買ったのはよいが、売るに売れない、という土地がいくらでもあるのです。特にバブル期に購入した土地が売れない、ということがあるのです。 ですから、確実に財産として価値があるわけでもないのですが、自分が住むのであれば、それは問題ないのです。売る必要がないからです。 まず、土地を買うのであれば、投資目的などではなく、あくまで住むためにしておけば、失敗する可能性は低いです。都市部に限れば、右肩上がりの歴史があるのですが、地方はさすがに売れ残っていることが多いです。 ですから、買う時には売ることも想定しておくべきなのです。