注文住宅や土地などのことを知り、上手に運用していく方法を探る

建設を専門家に依頼いい物件にめぐり合う

地震に備える

耐震診断の金額や価格の傾向について紹介します。木造建築の場合、1棟につき12万円から25万円ぐらいかかります。鉄筋コンクリートの場合は1平米500円から2000円が相場です。鉄骨造りの建物の場合、1平米につき1700円から2400円かかります。どれも延床面積の大きさと1平米の単価は反比例していきます。構造図がない場合、図面を復元するための費用もかかります。なので、それ以上の値段が掛る傾向にあるのです。段階によっても価格が変わってきます。簡易診断の場合、既存の構造図を基に再度計算し直す事をいいます。これらは40万円から100万円かかります。一次診断は既存の構造図を基に強度を診断します。現場調査やコア抜きを含めて、50万円から200万円かかります。以上の事から精度の高い耐震診断だと価格が高くなります。

耐震診断の歴史や変遷について紹介します。これらは地震国である日本が地震に遭うたびに改訂されたのです。1950年に建築基準法が制定され、今までの市街地建築法が廃止されて新しくなったのです。その後、新潟地震や十勝沖地震などを経て1981年に建築基準法が大改正されてより基準の高くなったのです。阪神大震災の時に大改正が正しかったと証明されたのです。2000年には建築基準法の大改正をして、古い木造建築の耐震診断の基準をはっきりして倒壊などを防ぐ役割を明確にしたのです。2005年耐震偽装問題が発生し、耐震診断の重要性が問題になったのです。耐震診断の技術を不安視する人が増えたので、信頼性のある建築士の育成も必要になってきたのです。地震大国である日本は今後も耐震診断を進歩させる必要があるのです。

  • 相場などの価格

    商品なら何でも、相場を知ることで適した購入ができます。建材や設計にこだわった建築であれば価格が高くなるのは当然です。ハウスメーカーが参入していることで、注文住宅の価格はだんだん安くなっています。

    詳細はこちら

  • 見学と動向

    賃貸物件を借りるときは進学や就職が絡んでくるときが多いです。慌てて決めることも多いですが、あらかじめ物件の傾向などを調べておくのも良いです。インターネットで探すこともできるので、遠くに住んでいる場合も充分情報を集めることができます。

    詳細はこちら

  • 財産である土地

       

    土地はそのまま更地にしておくだけでは税がかかってもったいないです。土地を貸し出したり、持ち家を建てたりすれば、節税にもなり上手に活用できます。売却をすれば大きなお金が入ってきますが、法定更新についても忘れないようにしましょう。

  • いくらで売れる

       

    不動産を売却したいと考えるとき、適正な値段で売るためにはどれくらいの価値があるのかを知らなければなりません。業者では査定を行っている場所もあるのですが、概算を自分で調べることもできます。

ネットで探す

駅前の不動産業者や口コミなどで、一戸建ての情報を聞くことは多いですが、近年ではネットで情報を集めた方が良いこともあります。中古物件であれば安く購入できますが、こういったお得物件の情報もネットには沢山転がっています。

詳細を確認する